審査基準・審査書類で比較(法人クレジットカード(法人カード)の比較と賢い使い方)

審査基準・審査書類で比較(法人クレジットカード(法人カード)の比較と賢い使い方)

TOPページ 特典・ポイントで比較 > 審査基準・審査書類で比較

 

審査基準・審査書類で比較

【申し込みに登記簿謄本か印鑑登録証明書の送付が不要】
ダイナースクラブ ビジネスカード
セゾン・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
エグゼクティブ ゴールド フォービズ
三井住友VISA ビジネス法人カード

【申し込みに登記簿謄本か印鑑登録証明書が必要】
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード
JCB法人カード
楽天ビジネスカード

法人カードの審査について考えてみましょう。

法人カードを作りにくい時期というのは、何といっても創業間もないころです。基本的には、会社設立後2~3年がたたないと法人カードは審査に通らないといわれています。(経営状況の数値であるPLやBS等が不十分なため)

また、上記のような中小企業の場合、法人事業主である代表の方の信用情報も調べられるのがほとんどでしょう。会社と代表者の連名になっているようなものも多いです。(個人カードの延長としての法人カードですね)

管理人の経験から言うと、設立後1年目にJCB法人カード、ライフ、楽天ビジネスカードに申し込みましたが全滅でした。創業から1年未満の時期ではあったのですが会社経営は順調、資産状況も良好だったため自信は少なからずあったのですが全て審査落ちしました。

ただ、銀行と法人取引があれば、銀行からの紹介が得られるため発券されることもあるようですので一概には言えませんが厳しいという認識で問題ないはずです。

このような経験から自営業や個人事業主や中小企業の場合には、JCB法人カードよりもダイナースクラブ ビジネスカードアメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードセゾン・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードエグゼクティブ ゴールド フォービズが審査に通ったという経験談をよくききますのでオススメです。

なかでも、管理人が他のカードが全滅だったなかでも会社設立1年目でも問題なく発券されアメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードは、私の周りに落ちた方がいないくらいハードルが低いイメージがありますので、自信がない方も是非、申込んでみることをおすすめします。

なお、今なら、当サイトからの申し込み限定で年会費27,300円アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード初年度年会費無料になるキャンペーンを行っていますので、是非、この機会を上手に利用してください!!

>>アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードの申込みサイトはコチラ

アメリカン・エキスプレス