法人カードの申し込み方(法人クレジットカードおすすめ比較)

法人カードの申し込み方(法人クレジットカードおすすめ比較)

TOPページ 法人カードの基礎知識 > 法人カードの申し込み方

 

法人カードの申し込み方

法人カードを作る場合、申し込み者は会社や個人事業主でなければなりません。審査が通れば、役員・社員に個別に発行することもできますが、申し込みは代表者がするのが一般的です。

法人カードには、経費の支払いに利用でき、精算事務の手間を省き、会計を明確化するというメリットがあります。その他にも、カードによっては、旅行傷害保険、航空券・ホテルの予約/優待サービス、レンタカー優待サービスや、オフィス用品のデリバリー・割引、通信費の優待、引越割引、国債輸送サービス、タクシーチケット発行、ギフトサービス、加盟店の優待サービス、などがつく場合もあります。

たとえば、エグゼクティブ ゴールド フォービズでは、特典として、国内外の契約宿泊施設(10,000ヵ所以上)・国内ゴルフ場(1,000ヵ所以上)の予約・割引やスポーツクラブなど幅広いサービスを会員価格で利用できます(提供会社:リゾートソリューション株式会社)

また、ダイナースクラブ ビジネスカードではビジネス・コンシェルジュサービスがあり、事業経営を行ううえでの疑問や課題を電話で相談することで、役立つ資料をレポートをEメールで届けてくれるサービスなどがあります。また、ダイヤモンド経営者倶楽部メンバーの活動拠点として、また交流の場として利用されている「銀座サロン」を、カードのご提示でご入室・ご利用が可能です。

申し込みには申込書と、登記簿謄本も必要です。また、四半期決算を出させるところもあるようです。

ただ、こちらもエグゼクティブ ゴールド フォービズダイナースクラブ ビジネスカードセゾン・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードでは登記簿謄本が不要で申し込みが出来るところもあります。

カードには利用上限があり、基本的に会社全体・部署全体・カード使用社員1名ごとに、利用枠を設定することができます。だいたい100万円が上限になっているところが多いようなので、もし100万円以上利用したい場合には、数枚申し込んでおくのをお勧めします。

利用明細で、どの社員がいつ・どこで使用したのかが確認でき、使用用途の透明化ができますので、年会費以上に無駄な経費コスト削減につながることが多いようです。

また、利用明細も、最近はインターネット明細がありますので、見たいときに見られるようになりました。

カード利用明細を費目別・部署別にいつでも上げてくれますし、カード会社とその会社の経費精算システムと連動すれば、社内からIDを入れて利用明細を見られます。

活用次第で経理業務をどんどん短縮できるでしょう。

法人カード情報

wa-aka.png アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード・・・・初年度年会費無料キャンペーン中です。会社設立間もないと作れない会社が多い中、管理人が唯一作れた法人カードです。年間200万円以上のカード決済を行えばもれなく3万ポイント(3万マイルと交換可)が貰える期間限定のキャンペーンも行っているため年間200万円以上をクリアできれば10万円相当の往復航空券と交換することもできるポイントが貰えますのではっきりいってめちゃめちゃお得です!実際に利用しての感想や使い勝手はアメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードのメリットという記事に詳細を記していますので参考にしてください。

オリコビジネスカードGold・・・オリコカードが発行する法人専用ビジネスゴールドカード(個人事業主の方はエグゼクティブ ゴールド フォービズ に申し込みを)年会費はキャンペーン期間(2017年4月1日から2017年9月30日)のお申込みに限り初年度無料 !2年目以降は1枚につき2,000円(税別)の低価格法人ゴールドカードです! 最大1000万円までの利用可能枠の大きさから人気を集めています!