法人クレジットカードの賢い使い方(法人クレジットカードおすすめ比較)

法人クレジットカードの賢い使い方(法人クレジットカードおすすめ比較)

TOPページ 法人カードの基礎知識 > 法人クレジットカードの賢い使い方

 

法人クレジットカードの賢い使い方

法人クレジットカードの賢い使い方

法人カードは、法人なら当然持っておくべきカードです

コーポレートカードとビジネスカード

一口に法人カードといっても、大企業で使われているコーポレートカードと、個人事業主や中小企業で使われているビジネスカードの2つがあります。明確にその違いや使い勝手に差はありませんが、追加発行枚数はコーポレートカードの場合、自由に設定できる一方、ビジネスカードの場合は、少人数を対象としているため制限されることが多くなっています。

社員に法人クレジットカードを持たすメリット

コーポレートカードでもビジネスカードでも、追加カードを社員に持たすことで、経理業務に大きなメリットがあります。例えば、会社関連の経費を社員に立て替えてもらう場合、出勤伝票や経費精算書、交通旅費申請書などなど、さまざまな書類を社員に提出させて、経理で精算を行うのが普通です。

ところが、法人カードを各社員に持たせると、いつどこで、だれがいくらカードを利用したかがわかる利用明細書が送られてきますから、1カ月の利用実績を正確に把握することができ、経理処理も簡略化できます。また接待など、個人のクレジットカードで立て替えると経理の処理が面倒です。これに対して、法人カードはカード決済日に支払いを計上するだけで済み、簿記の記載もラクにできます。

支払サイクルを上手に利用する

法人カードを利用すれば、会社経費の支払いを最大60日程度、先延ばしすることができます。

例えばセゾンカードが発行しているセゾン・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは、支払サイクルは毎月1日~末日までに利用した分を、翌々月4日ですが、月初に利用すれば最大65日程度の支払い先延ばしが可能です。

また末日の30日や31日に支払いを行った場合でも、少なくとも35日程度の支払い猶予があります(引き落とし日までの日数)。そのため、手元に現金や預金がない場合でも、法人カードを使って経費を支払うと、それだけの支払猶予期間をもらうことができるというわけです。資金繰りが厳しい企業の場合には、この猶予期間は非常に助かるはずです。

また、ガソリン代、高速代の支払いも、法人カードの多い用途です。法人カードでは、ガソリンスタンド会社発行の提携したカードを発行している場合があり、ポイントがガソリン代として反映される場合もあります。さらに、法人ETCカードの発行が可能なカードもあり、利用をお薦めします。

法人カード情報

wa-aka.png アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード・・・・初年度年会費無料キャンペーン中です。会社設立間もないと作れない会社が多い中、管理人が唯一作れた法人カードです。年間200万円以上のカード決済を行えばもれなく3万ポイント(3万マイルと交換可)が貰える期間限定のキャンペーンも行っているため年間200万円以上をクリアできれば10万円相当の往復航空券と交換することもできるポイントが貰えますのではっきりいってめちゃめちゃお得です!実際に利用しての感想や使い勝手はアメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードのメリットという記事に詳細を記していますので参考にしてください。

オリコビジネスカードGold・・・オリコカードが発行する法人専用ビジネスゴールドカード(個人事業主の方はエグゼクティブ ゴールド フォービズ に申し込みを)年会費はキャンペーン期間(2017年4月1日から2017年9月30日)のお申込みに限り初年度無料 !2年目以降は1枚につき2,000円(税別)の低価格法人ゴールドカードです! 最大1000万円までの利用可能枠の大きさから人気を集めています!