ガソリン法人カード比較(法人クレジットカードおすすめ比較)

ガソリン法人カード比較(法人クレジットカードおすすめ比較)

TOPページ 特典・ポイントで比較 > ガソリン法人カード比較

 

ガソリン法人カード比較

ガソリン代を法人カードで支払いたい。。
会社で支払っているガソリン代をお得に支払たい。。

そう考えている方に、ここではガソリン法人カードを紹介していきます。

ガソリン法人カードとは、ガソリン会社が発行している法人名義ので決済が可能な法人カードのことを指します。

2013年、webから申し込みができるガソリン法人カードには下記の6種類があります。

【シナジー、エッソ、モービル、ゼネラルで割引特典あり】
JCBシナジー法人一般カード初年度年会費無料(次年度以降、年会費2000円(税別))
・給油時に1Lあたり最大7円引き
JCBシナジー法人ゴールドカード:年会費10000円(税別)
・給油時に1Lあたり最大10円引きに
・JCBゴールドカードの機能付帯

【昭和シェルで利用でキャッシュバック特典あり】
シェルビジネス一般カード:初年度年会費無料(次年度以降、年会費1250円(税別))
・年間最大18万円のキャッシュバックあり

シェルビジネスゴールドカード:年会費10000円(税別)
・年間最大18万円のキャッシュバックあり
・JCBゴールドカードの機能付帯

【コスモ石油で利用可能】
コスモコーポレートJCBカード:年会費1250円(税別)

コスモコーポレートJCBゴールドカード>:年会費10000円(税別)
・JCBゴールドカードの機能付帯

よく利用するガソリンスタンドが決まっている場合は、そのガソリンスタンド提携のガソリン法人カードに申し込むことをお薦めします。

もし、決まっていない場合は、初年度年会費無料でシナジー、エッソ、モービル、ゼネラルで利用可能JCBシナジー法人一般カードが個人的には最もお薦めです。

>>JCBシナジー法人一般カードの申込はコチラ

なお、上記のカードは全てETCカードの発行にも対応しており、ETCカードは枚数制限なく何枚でも発行費・年会費無料で発行することができます!!

最後に、ガソリン法人カードの最大のメリットは、これまで現金で支払っていた場合、支払いが翌々月になり現金よりも遅くなるためキャッシュが手元に残る期間が長くなることと、支払を一本化でき経理管理が便利になることですので、そのメリットだけでも十分に利用してみる価値はあると思われますよ!

ただ、紹介してきてガソリン法人カードJCB提携カードとなっているため、審査のハードルが高いと言われています。

設立から浅い会社でガソリン代をカード決済したいと考えている場合は、JCBよりも審査のハードルが低いと言われている、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードセゾン・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードを手に入れて、ガソリン代の決済に利用してみるという方法もお薦めです!!

アメリカン・エキスプレス

法人カード情報

wa-aka.png アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード・・・・初年度年会費無料キャンペーン中です。会社設立間もないと作れない会社が多い中、管理人が唯一作れた法人カードです。年間200万円以上のカード決済を行えばもれなく3万ポイント(3万マイルと交換可)が貰える期間限定のキャンペーンも行っているため年間200万円以上をクリアできれば10万円相当の往復航空券と交換することもできるポイントが貰えますのではっきりいってめちゃめちゃお得です!実際に利用しての感想や使い勝手はアメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードのメリットという記事に詳細を記していますので参考にしてください。

オリコビジネスカードGold・・・オリコカードが発行する法人専用ビジネスゴールドカード(個人事業主の方はエグゼクティブ ゴールド フォービズ に申し込みを)年会費はキャンペーン期間(2017年4月1日から2017年9月30日)のお申込みに限り初年度無料 !2年目以降は1枚につき2,000円(税別)の低価格法人ゴールドカードです! 最大1000万円までの利用可能枠の大きさから人気を集めています!