ANA法人カードでANAマイルをためる(法人クレジットカードおすすめ比較)

ANA法人カードでANAマイルをためる(法人クレジットカードおすすめ比較)

TOPページ 法人カード比較 > ANA法人カードでANAマイルをためる

 

ANA法人カードでANAマイルをためる

ANA法人カードについてここでは見ていきましょう。

一般カード・ワイドカード・ワイドゴールドカードといったカードの券種による区分とANA JCB法人カード・VISAカード・マスターカードという3種類のカード会社の中から選ぶこと出来ます。

つまり3×3の9種類から選ぶことが出来るわけです。

基本的な機能はあまりかわらないので、ここではANA JCB法人カードに絞って見ていきます。

ANA JCB法人カードの年会費は下記になっています。

ANA JCB法人カード(一般カード) 2,250円(税抜)(初年度年会費無料)
ANA JCB法人カード(ワイドカード)  11,750円(税抜)
ANA JCB法人カード(ワイドゴールドカード) 19,000円(税抜)

また、入会特典などは下記になります。

ANA JCB法人カード(一般カード) 入会時、継続時1000マイルプレゼント。区間基本マイレージ×10%
ANA JCB法人カード(ワイドカード) 入会時、継続時2000マイルプレゼント。区間基本マイレージ×25%
ANA JCB法人カード(ワイドゴールドカード) 入会時、継続時2000マイルプレゼント。区間基本マイレージ×25%

海外旅行保険については下記になります。(利用付帯になります)

ANA JCB法人カード(一般カード) 海外旅行保険最高1000万円、国内旅行保険1000万円
ANA JCB法人カード(ワイドカード) 海外旅行保険最高5000万円、国内旅行保険5000万円
ANA JCB法人カード(ワイドゴールドカード) 海外旅行保険最高10,000万円、国内旅行保険最高5000万円

ワイドゴールドカードに関しては、旅行保険の差はありますが、それ以外の部分では大差がない印象のため、年会費を考えると一般カードかワイドカードでもよいかなと個人的には思います。

それぞれで、最高補償額やボーナスマイルなどが異なってきます。搭乗毎のマイル還元も当然変わってきて、ワイドゴールドカードがもっともいい条件となります。

ANA法人カードは、ANAカード会員専用運賃「ビジネスきっぷ」という制度があります。ビジネスきっぷとは、ANAカード会員の方専用の便利でおトクな割引運賃のことで「搭乗当日まで予約・変更可能」「片道2回でも往復でも使える」「マイルが100%たまる」「国内線全路線でご利用可能などのメリットがたくさんあります!

当然ですが、ANAにたくさん乗る機会があるならば、作っておいて損はないでしょう。

なお、JALマイルを法人カードでうまく貯めたい方はJALマイルを貯める際にお得なカードのページを参考にしてください。

法人カード情報

wa-aka.png アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード・・・・初年度年会費無料キャンペーン中です。会社設立間もないと作れない会社が多い中、管理人が唯一作れた法人カードです。年間200万円以上のカード決済を行えばもれなく3万ポイント(3万マイルと交換可)が貰える期間限定のキャンペーンも行っているため年間200万円以上をクリアできれば10万円相当の往復航空券と交換することもできるポイントが貰えますのではっきりいってめちゃめちゃお得です!実際に利用しての感想や使い勝手はアメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードのメリットという記事に詳細を記していますので参考にしてください。

オリコビジネスカードGold・・・オリコカードが発行する法人専用ビジネスゴールドカード(個人事業主の方はエグゼクティブ ゴールド フォービズ に申し込みを)年会費はキャンペーン期間(2017年4月1日から2017年9月30日)のお申込みに限り初年度無料 !2年目以降は1枚につき2,000円(税別)の低価格法人ゴールドカードです! 最大1000万円までの利用可能枠の大きさから人気を集めています!